• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • サポ

ートニュース
  • よく

あるご質問と回答:FAQ
  • 製品

付属のアプリケーションに関するお問い合わせ
  • ドラ

イバダウンロード
  • お問

い合わせ
  • 他製

品に関するお問い合わせ
  • No : 2329
  • 公開日時 : 2013/09/10 11:00
  • 印刷

Bamboo Padをご購入いただく前のご留意点 (筆圧表現、ペンタブレット製品との違いなど)

カテゴリー : 

回答

<USBモデル、wirelesモデル共通>
・標準設定においては、修飾キーの割り当てや、マッピングの設定、サイドスイッチのカスタマイズは行うことができません。
こちらのページのタブレットドライバをダウンロード、インストールすることで、マッピングの設定や、サイドスイッチの右クリックの割り当てなどペン設定を行うことができます。

タブレットドライバをインストール後、[スタート]-[すべてのプログラム]-[ワコム]-[ワコムの設定](Windowsの場合)もしくは[アプリケーション]-[ワコム]-[ワコムの設定](Macの場合)で設定可能です。

<Windows 7で接続した場合の例>

Bamboopad

■Windows 8もしくはWindows 7のOSをご使用の場合
Microsoft Office、Microsoft OneNoteなどMicrosoft.Inkを使ったソフトであれば、
タブレットドライバのインストールは必要なく筆圧表現が可能です。

現在弊社にて確認ができている「Microsoft.Ink」対応ソフトは以下になります。
例)Microsoft Office、Microsoft OneNote、
  セルシス社のCLIP STUDIO PAINT PRO、CLIP STUDIO PAINT EX

※CLIP STUDIO PAINT Debut、PhotoshopやIllustratorは「Microsoft.Ink」非対応となります。アプリケーションソフトの「Microsoft.Ink」対応状況については、各アプリケーションメーカー様へご確認をお願いいたします。

※なお、CLIP STUDIO PAINT Debut、PhotoshopやIllustratoなど、Wintabを使用した筆圧対応ソフトにおいては、こちらのページのタブレットドライバをインストールすることで、筆圧表現が可能となります。


■Mac OS Xの場合
こちらのページのタブレットドライバをからドライバをダウンロードし、ドライバをインストールする必要があります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

FAQ改善のため、ご意見を具体的にお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます